本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

うさぎの病気 下痢、軟便(便でお尻が汚れている)

緊急性

 迷わず今すぐ動物病院へ行ってください。

 ただしその動物病院が閉まっている時間なら、受け付けてくれるか電話で確認し、もし無理と言われたら、受け付けてくれる病院を探しましょう。
 それでもだめなら朝まで待つしかありません。

解説

 ケージの掃除をぜんぜんしていない、というのは問題外ですが、うさぎのお尻が軟らかい便で汚れているというのは、結構大きな問題が隠れている場合が多いようです。
 最も多い原因が、下痢、そして軟便、盲腸便の付着です。

 下痢はウサギにとっては死活問題、けっして様子を見ていてはいけません。
 詳しくは下痢の項をご覧ください。

 盲腸便というのは、ウサギが夜中にする便で、夜便、夜盲便などという言い方もされます。
 うさぎの食糞行動(自分の便を食べる行動)は有名ですが、うさぎはその非常に発達した大きい盲腸の中でビタミンや蛋白質の豊富な栄養万点の便を作り、それを夜中にこっそり?食べているのです。

 これは正常な行為であり、生きていくうえで必要不可欠な行為なのですが、この盲腸便は地面に落ちる前に(お尻についている状態で)、食べているので、実際に見たこともないという人は意外と多いのではないでしょうか。

 逆にこの盲腸便を食べずにお尻にくっつけているというのが問題で(盲腸便は日ごろの便と違い軟らかいので、食べないとお尻にくっついてしまいます)、食べられない原因があると考えるべきでしょう。

 最も多いのが食餌の問題で、低繊維の食餌をたくさん食べていて起こることが多いでしょう。

 それ以外の原因としては、太り過ぎや神経障害骨折などにより、お尻を舐められないことなどが挙げられます。
 いずれにせよ、放置しておいて良いものではありません。
 
 「あれれ、お尻が汚れてる」で済む問題ではないのです。
 掃除不足で汚れているというだけでも、ウサギにとってはかなりの問題なのですから。


アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584