本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

保温用ダンボールをかじる

疑問、質問

 

4ケ月のネザーの雌です。

かじるのが大好きでかじり木や木の柵、木の巣箱などかじれるものは小屋内に沢山あるのですが、寒さ対策に小屋の周りを囲んでいる段ボールをかじり食べてしまっています。

タオル等でおおうとまたそれをかじってしまうので段ボールなら小屋内に引きずりこめないしと思ったのですが…上手に表面を剥がしては食べてます…。みつけた時はすぐ取り上げるのですが…。

餌が足りないわけではありません。かじるおやつや生野菜(セロリ、ブロッコリーの芯、白菜、キャベツ等)も与えています。もちろんラビットフードとチモシーもあげてます。

段ボールをかじるのはやはり健康上問題がありますよね?

ペット用のヒーターは入れてあるのですが、日中家族は居ないし、夜も寝室とは別な部屋で寝てるので寒くないように側面三面と天井を段ボールでかこい、夜は更に前側にも段ボールをたてかけ、上から毛布をふんわり(空気の道を確保し)かけています。

どうしたらいいでしょうか?

お返事

 さて、やはり段ボールをかじるのは良くないと思いますので、それを阻止する措置が必要だと思います。

 具体的には、単純ですが、もう一回り大きい段ボールにして、ケージに接触しないくらいの距離を持たせるというところではないでしょうか。
 段ボールの目的はあくまで、ケージへの空気の流れの遮断であり、ケージに密着している必要はないと思います。

 周りを囲んでも、ケージに一切接触しないくらいの、大きめの段ボールを探してみてはいかがでしょうか。

 また、そもそもうさぎさんは寒さには強いので(暑さにはとことん弱いですが)、基本人間が凍死しない温度では問題はないです。

 ただ風の流れがあると体温を奪われてしまいますので、天井にダンボールがなくとも、ケージの周りを段ボールで囲めば十分保温できると思います。

 この場合箱状ではなく、一辺を切って、屏風のように周りに立てるという方法になります。
 これなら1つの大きなダンボールでなくとも、2,3枚のダンボールを使えば、ケージから十分距離をとった場所に立てられると思います。


アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584