本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

骨折時の食事制限

疑問、質問

約2歳のミニウサギ♀の相談です。

昨日の朝、ケージの隙間に足を挟んで大暴れをし左足後ろをあげた状態にしていたので、急いで病院につれていきました。

レントゲンをとったところ、折れてはいないようでしたが、白い筋が縦に伸びてヒビが入っているような感じでした。
折れてはいないので、手術などはせず、ケージで安静にして自然治癒という方針になりました。

後ろ足の伸びは痛いのか途中でやめてしまいますが。
現在左足を使って耳や顎をかいたり、毛づくろいをしたりしますし、足も普通に地面につけています。

食欲も、それほど落ちてはおらず、牧草をがりがりと掻き出して食べます。ウンチもそこそこ出ています。

そこで質問なのですが、お医者さんにお散歩しない間は(ケージの中で安静を保っている間)、運動不足にもなるし、うっ滞のおそれもあるので、食事は牧草のみで過ごすように言われました。

普段はペレット30グラム(15グラムにわけて2回)と牧草は食べ放題ですごしています。

牧草は嫌いではないのですが牧草だけでは物足りないようです。
ネットでいろいろ調べたのですが、骨折時の行動制限はみるのですが、食事制限は記載されていないので少し疑問が残ります。

ペレットや野菜を食べさせるのはいけないのでしょうか?

よければお聞かせください

お返事

 さて基本的にはそんなに食事制限は必要ないと思うのですが、ただ運動不足から太りすぎて、骨折した足に負担がかかるのは良くないと思います。

 ですので、適正な量のペレットと、無制限の牧草を、とは思います(野菜は別にいらないとは思いますが、オヤツ程度でちょこっとなら)。

   ただ1日30gというと、体重2kgのうさぎさんが通常の運動をしていた場合、という条件ですので、ケージでの安静期間は1日20から25gくらいには最低でも制限すべきかもしれません(体重2kgのうさぎさんの場合)。

   そちらのうさぎさんの体重(減退中ではなく、本来の理想の体重)によって、量は変わりますので、   理想体重(g)×0.0125=与えて良いペレット量(g)   というのが目安だと思います。

  ただこれはあくまで一般論で、たとえば現時点で太りすぎていて、というようでしたら、さらに量は制限が必要ですので、参考程度にお考えください。

   また、ウサギに詳しい先生の指導のもと、ペレットは不可というお話でしたら、何か意味があるのかもしれませんから、私の意見よりも主治医の先生の意見を優先していただいたほうが良いと思います。
  



アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584