本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

臭腺のケアは必要か?

疑問、質問

 飼い始める前、こちらのサイトで色々勉強させていただきました。

申し訳ありません、臭線について教えてください。

お尻が臭いので仰向けにしてチェックしたところ、肛門の上に2つ穴があり、そこから葡萄糞が粒状で無く1塊になったような物体がありました。

それを取り除いてお尻を洗うと臭わなくなったのですが、しばらくすると又臭いだし、お尻を見ると濃い黄色っぽいネバネバしたモノが穴から出てました。
どうやらそれを放置するとだんだん黒ずみ、前回のような糞みたいになるようです。

友人に相談したところ、犬の場合は肛門しぼりをしなければならないとのこと、肛門しぼりについて調べたところ、犬猫では肛門線に溜まる分泌物を自ら排泄できない子がいて、人間が肛門しぼりをする必要があるとのこと。

ウサギも、肛門しぼりをする必要があるのでしょうか?

また、うちの兎はお尻の身繕いをサボって臭いだけで、分泌物は自ら排泄できてると思うのですが、うちの子も肛門しぼりの必要がありますか?(出口がつまらないように、これからは週一程度人間がお尻の手入れはする予定です)

お手数おかけしますが、宜しくお願いいたします。 _o_

お返事

 さてうさぎの臭腺ですが,基本的には犬のように定期的に処置をしてあげる必要はありません。

 犬の場合,処置をせずに放置しておくと炎症を起こしたり,場合によっては破裂してしまうことなどもあるのですが,健康なウサギに関しては,基本的に何もしなくても問題は起きません。

 ただ,太りすぎで臭腺部分が汚染されやすく,炎症を起こしたり,あるいは下半身の姿勢異常や排尿排便異常等の基礎疾患があり,不衛生になりやすい場合は,定期的に洗浄,消毒などが必要になることがあります。

 この場合は,やはり主治医の先生に相談して,洗浄,消毒の指導を受けるべきかと思います。


アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584