本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

投薬などでウサギに嫌われた

疑問、質問

 ウサギとの接し方について、教えていただきたいのです。よろしくお願いいたします。

 1年7ヶ月のメスのネザーランドドワーフを飼っております。
 最近、おなかを壊して、食欲がなくなり病院で指導された、"強制食餌"を行いました。

 かなり 嫌がっていましたが、それ以来 近寄ると、逃げます。
 ( 室内で放し飼いです。)
 飼い始めたのが、生後4ヶ月で、その頃から抱っこは、異常に嫌がりました。
 ストレスになっては、かわいそうなので、無理に抱っこはしませんでしたが、なでられことは、気持ちよさそうだったんですが…。

 このまま、あの子との生活が、ただ餌を与え、糞尿を始末するだけの日々と思うと、悲しくなります。
 元の関係に戻るにはどうしたらいいですか?
 教えてください。お願いいたします。

(一部ホームページ用に中略しております)

お返事

 一度壊れた関係は、時間をかけてまた地道にうさぎさんが忘れてくれるまで、待つしかないでしょう。

 ケージ飼いをしていないうさぎさんはどうしても、飼い主さんよりも自分の方がえらいと勘違いしてしまい(犬もそうですが)、飼い主さんを自分よりも身分の低い存在と認識してしまいます。
 そうすると日ごろ一緒に遊んだりしているうちは、自分の部下と遊んでいるという感覚なので、一見仲良く過ごせるのですが、いざ自分にとって不利益な行為(抱っこ、爪きり、耳掃除、薬の投薬など)をされると、自分よりも身分の低いものにそのようなことをされるのが我慢ができず、過剰に抵抗し、過剰に根に持ちます。

 ですから病院でお薬を飲ませてくださいね、と薬を出して、「どうしても飲ませられない」とか「タオルでくるむことも難しい」といって戻ってくるうさぎさんは、大概ケージ飼いをしていないか、あるいはケージから出ている時間が長い、ケージの扉が開きっぱなしで、好きなときに出入りできるという子が多いです。

 室内飼いの小型犬で、部屋の中を自由に放し飼いをしていると、噛み癖や吠え癖などの問題行動を起こす子が多いのと同じようです。
 うさぎは犬と同じく群れの中で順位を決める生き物であり、好きなときに好きな場所にいけるというのは最高のステータス。
 ですから基本的に猫のように部屋の中を自由にしていて良い生き物ではないのです。
 基本はケージの中にいて、良い子にしていたら、飼い主さんの意思で出してあげて、1時間なり遊んだら、飼い主さんの意思でケージに戻される。
 ケージからの出入り(ウサギがどこにいて良いか)は飼い主さんに決定権があるという関係でないと、なかなかウサギや犬は、飼い主さんを自分より上位の存在とは認識しづらいのです。

 今回に限らず、将来何かの病気をしたときに、強制給餌やお薬、目薬、耳掃除など、さまざまなうさぎさんの嫌がる処置をせざるを得ない機会もきっとあるかと思います。
 そのときのために、少しずつでもしつけをしていき(ケージ内での時間を延ばしていき)、飼い主さんの指示には従わなければいけないことを覚えてもらい、飼い主さんが薬や流動食を無理やり飲ませても、それほど嫌がらない子に育ててあげる必要があるのかもしれません。


アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584