本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

傷口のガーゼ

疑問、質問

誰にも聞く人がいなくてメールしました。
ウサギ6歳メス体重3500g 右一番上の乳首の側に2cm位のしこり。
とても元気で何も異常なかったのですが、獣医さんに診てもらい腫瘍と判断され、しこりを麻酔かけて取り除き、断面検査で悪性か良性かわかると言われ、
 本日午後より手術して先ほど家に連れ帰りましたが、傷口は10センチくらいでひどい縫い目 あばれたら切れそうで怖いです。

 動物 の傷口はガーゼなどで保護することなくそのままで返されるものなのでしょうか?

お返事

 うさぎさんの場合、ガーゼをつけて手術を終えても、速攻ではずされることが多いです。

 うちの病院でもガーゼは必ずつけるのですが、手術後すぐにはずされ、帰るころにはもうないということが多いです。

 その場合、外した挙句、誤飲される(飲み込まれる)と困るので、2度目はつけないことが多いです。
 ですから、もしかしたら、はじめはそちらの獣医さんも何かつけていたのかもしれませんね。



アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584