本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

野ウサギを飼って良いか

疑問、質問

 子どもが野うさぎの赤ちゃんを拾って来たのですが、家で育てることは出来ますか?
 そのときは餌は何を与えればよいですか?
 
(一部ホームページ用に中略しております)

お返事

 さて野うさぎは飼うことは出来ません。
 
 まず野生動物を飼うことは法律違反であり、健康な野うさぎはけして一般の家庭で飼って良いものではなく、また交通事故などによりそのままでは生きていくことが困難という怪我を負っている野うさぎの場合は、野生鳥獣の取り扱いをしている動物病院に委ねる必要があります。

 また生後数週間をすぎた野うさぎは(手のひらサイズ)、 巣から少し離れたところまで出て、自分で餌を食べたりしますが、まだ授乳が必要な時期であり、巣に帰り、母親のお乳を飲まなければ、健康な免疫力を作ることができない状態にあります。
 ですから、一見ひとりぼっちのように見えても、どこかに巣があり、母親が子うさぎの帰りを待っていることが多いのです。

 また、既に巣立ちしたウサギだとしたら、その野ウサギを家の中に入れて飼育することは、本来野生として生きていく力のある生き物から、自由を奪う行為であり、消して許されるものではありません。

 例え近くに道路があろうが、猫が住んでいようが、その中で生き残っていくのが野生の野うさぎの本来の姿であり、猫や自動車から守るために家の中へ、というのはやはりすべきではないでしょう。

 できたら、ひとりごとの「巣立ち雛の誘拐」を読んでいただきたいのですが、ご理解いただければ幸いです。

 少しでも早く、元いた場所の近くへ、戻してあげられることをお勧めします。


アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584