本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

小松菜のカルシウム

疑問、質問

疑問あれこれに、大根の葉、小松菜が良いとありましたが、カルシウムが多いので少し心配です。
   食品成分表だと、100グラムあたり
     人参の葉…39mg
     小松菜……290mg
     大根の葉…210mg
で、多いように感じます。
 特に大根の葉は大好きでたくさんやってしまいます。かまわないでしょうか?
 もしお時間がありましたら、ご助言おねがいします。
 
(一部ホームページ用に中略しております)

お返事

 さて、小松菜のカルシウムの質問は結構多いのですが、私は大量に食べなければ(それこそ小松菜以外何も食べないという生活でなければ)害はないのでは、と思っております。
 というのは確かに小松菜は野菜の中ではトップクラスのカルシウムの多さを誇るものですが、実は牧草に比べると意外と少ないのです。
 たとえばカルシウムが多いので成長期を過ぎたあと食べ続けるのは良くないといわれているアルファルファは、100gあたり1000mgくらいカルシウムが入っています。
 カルシウムが少ないので、維持期用にと使われるチモシーですら、100gあたり700mgくらいカルシウムが入っているのです。
 一概にカルシウムの多さだけで判断すべきものではないのですが(リンとの割合なども大事なのですが)、これらの牧草に比べたら、小松菜のカルシウム含量はそれほどびっくりするような値ではないということになります。
 ですから大根菜もたくさん食べてもらって結構だと思います。
 ただ、やはり野菜は水分が多く、ウサギにとっては若干軟弱な繊維質であるということは事実ですので、牧草がメインであった方が良いのではなかろうかとは思っております。

 レタスやキャベツを食べ過ぎると甲状腺腫という病気になるというような報告がちょっと前にあったので(昔はいくら食べても良いとか言ってたのですが)、またいつか、小松菜や大根菜はここが悪い、とか言う論文が発表される日が来るのかもしれませんが、今のところはまだないようなので(知らないだけだったりして)、適量なら良いのではないかと思います。


アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584