本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

お腹がぐるぐる鳴るときは?

疑問、質問

 今日、急にメールさせていただいたのは、我が家のうさぎの健康について、疑問があって、ご迷惑かとも思ったのですが、メールいたしました。
 うちのうさぎは7歳のめすで、室内で放し飼い状態のせいか、太ってなくて、元気に見えます。
 食べ物は、ハイペットのRABBITLUNCH 、牧草、水はいつも食べれるようにしてあって、レタスやキャベツや草を少しずつ与えています。
 気になっているのは、お腹がかなり大きい音で、鳴るのです。
 ぐろろろろ〜っと大きい音で頻繁に鳴るのに半年位前に気付きました。
 それより以前には無かったように思いますが、毛の生え替わりの時期に糞が小さくなって数日間お腹が鳴ったことがありましたが、この頃のように日常的にいつもグルグルいうことは無かったと思います。
 長寿ウサギといえる歳ですが、なにか身体に異変が起こっているのかと心配です。
 
(一部ホームページ用に中略しております)

お返事

 さて、ご質問の件ですが、見てみないとちょっとわからない部分も多いのですが、一般的なお話ということで書かせていただきます。
 お腹の音がするときというのはうさぎさんの場合腸内にガスが多いときによく起きます。
 これは胃腸の運動能力が何らかの原因で悪くなったときに、腸内の食塊が発酵し、ガスが発生してこれが動くときにごろごろ音が鳴るわけです。
 そこで問題になるのが腸の運動能力が悪化する原因です。
 よくあるのは食事中の繊維質不足でしょうが、普通牧草中心の食生活ですと滅多なことはないでしょう。
 ただレタスは繊維質が少なく(水分ばかりなので)与えない方がよいでしょう。
 ペレットはちょっと成分がわからないのでその是非はわからないのですが、繊維質が16%以上くらいあれば及第点といえると思います(しかし量は制限し、牧草中心とすべきでしょう)。

 それ以外でといいますと、たとえば胃内に毛球や異物なのが残っていたり(ただしこれも食事中の繊維質不足から起こるといえば起こるのですが)、あと腸管や腸管周囲の臓器の腫瘍などで腸が圧迫されて運動能が低下することもあります(メスで一番心配なのは子宮癌あたりでしょうか)。
 いずれにせよ、やはり一度病院へ行って、レントゲンなりの検査をすべきなのではないでしょうか。

 何事もなければよいのですが、早めに無事を確認するだけでも意義があるのではないかと思います。


アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584