本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

お風呂は必要か?

疑問、質問

 さて、お尋ねしたい事があります。
 それは「ウサギにお風呂は必要か」ということです。
 以前某漫画家が「飼っているウサギをお風呂に入れている」といっていたのですが…。
 その方は「あばれるので湯船で泳がせたていたら、しばらくするとおぼれて沈んでいた」というようなことを言っていました。
 我が家でも、以前使っていたトイレが構造上(身体が大きくなり尿量がふえるにつれ)どうしてもお尻と後ろ足がオシッコで汚れてしまう事があり(今はトイレをかえたのでそんなことはありませんが)、しかもお尻周りはドライシャンプーでケアされるのをとても嫌がるので、困ってシャワーでお尻周りを洗った事があります。
 しかし、我が家に唯一存在するうさぎの本には「耳に水が入ると死んでしまう」ような事が書かれていたり、ホームページでも湿気が大敵と書かれていたり。
 本来(野生)ならばウサギがお風呂(お湯)に入るなんて絶対ありえない事ですよね。
 暑さに弱いウサギが熱さに強いわけないとは思うんですが。
 はたして「ウサギにお風呂は必要?」なんでしょうか。
 こんな事を聞いて怒られそうですが、お暇を見てお答えいただけたらと思います。
 よろしくお願いいたします。
 
(一部ホームページ用に中略しております)

お返事

 さて、ご質問の件ですが、結論から言いますと、お風呂もシャワーも基本的にはあまり良くないと思われます。

 耳に水が入って死ぬかどうかは分かりませんが、やはりウサギにとってシャワーなどはそうとうなストレスになるようです。
 ウサギにとってのストレスは命に関わることもありますので、よほど汚れないかぎりは我慢したほうが良いでしょう。
 特に成長期を越え、かつやや肥満傾向のうさぎさんは、動脈硬化を起こしていることが多く、ストレスで血管破裂を起こして、急死をすることすらあるのです(場合によってはですが)。
 ちなみに私は以前、眼の検査のためにうさぎの眼に光をあてただけで、死なせてしまったことがあります。
 本当に動脈硬化が理由で急死するのかは、不明といえば不明なのですが、ストレスがウサギにとって大きな意味をもつことには変わりはないと思われます。
 汚れがひどい時は出来たら、濡れタオルか何かで拭いてあげるくらいでとどめたいところです。

 どーしようもないときは(下痢などでめちゃめちゃ汚れてしまった時などは)しょうがないのかもしれませんが、基本的には駄目、と覚えておいてください。


アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584