本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

離乳食

疑問、質問

 今回はうさぎの離乳食について窺いたいと思い、メールさせていただきました。
 うちのネザーランドがお嫁さんを迎えて、とうとう今月の20日に赤ちゃんが産まれました。
 さっそく本を見て研究してみたのですが、どの本も3週間後ぐらいから「やわらかいもの」や「野菜」を与えるとしか書いてありませんでした。
 「やわらかいもの」とは、一体具体的に何をあげればいいのでしょうか?
 「野菜」はどんなものをあげればいいのでしょうか?
 以前子ウサギにレタスをあげていると下痢をしてしまったので、野菜の選択にとても困っています。

 現在丁度1週間目です。
 他にも何かダックスさん流に気をつけるポイントなどありましたら、教えて下さい。
 
(一部ホームページ用に中略しております)

お返事

 さて、御質問の件ですが、まず離乳食については、特別なものは必要ありません。
 親の食べるペレット、ワラ、野菜を多めに置いてあげたら良いでしょう。
 ただし注意点としては、仔ウサギでも食べられるサイズにカットしてあげなければならないということです。
 生後三週目あたりから離乳食にという本をときどきみかけますが、食べ始めるというだけで、実質は母乳が主食です。
 たいがい生後5、6週あたりから主食として食べ始めるのが普通です。
 ここまでは母乳をちゃんと飲んでいますし、この後もまだしばらくはミルクを飲み続けます(量は少しずつ減っていきますが)。

 次に野菜についてですが、親うさぎの食べて良いものは良いということになりま
す。
 たとえば、チンゲンサイ、小松菜、大根菜、人参菜、にんじん、キャベツなどあたりが一般的でしょうか。
 これに対し与えてはいけないのが、にんにく、タマネギ、ネギなどのネギ類です。
 で、極力与えないほうが良いというのは、レタス、キュウリ、ハクサイあたりです。  これはウサギに必要な栄養分が少ないくせに嗜好性が高く、他の大事な野菜を食べてくれなくなってしまうからです。

 あと、仔ウサギを育てるうえで気をつける点ですが、私がいつも飼い主さんに伝えるのは次のようなないようです。
・極力構わない、触らない、世話以外は近づかない
・オス(仙太郎ちゃん)は別がいにして、接触させない
・偏食ウサギにならないよう生後5、6ヶ月あたりは様々な野菜、ペレット、ワラを与え、極力なんでも食べられるようにしておく
・絶対生後2ヶ月以上経つまでは、母ウサギと離さない

といったところでしょうか。 
 厳しいことを言うようですが、ウサギなどの多産動物は生まれた数だけすべて育つということは稀で、むしろたくさん死んでしまうからこその多産なのです。
 もちろんみんな元気に育ってくれるのが理想なのですが、そのことだけ少し頭の片隅においといてください。


アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584