本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

妊婦にうさぎは危険か?

疑問、質問

  お忙しいお医者様に恐縮なのですが、お尋ねしたいことがあります。
 よく猫や犬は妊婦によくないなどともうしますが、うさぎはいかがでしょうか。
 お腹の子に悪影響を及ぼすということはありますか。
 近い将来妊娠を考えておりますので、もしウサギがよくないとあれば、譲り受けるのを断わらねばならないでしょうし、急ぎませんのでお時間あるときにご解答いただければ幸いです。
 
(一部ホームページ用に中略しております)

お返事

 さて、ご質問の件ですが、今の時点では特に問題は無いといわれています。

 猫などでよく言われるのが、トキソプラズマなどの寄生虫が人に感染したときに流産してしまうという話で、これもまあ、猫を触った後手を洗うなどの当たり前のことをしていると本来はめったなことが無いのです。
 ただ、妊婦さんというのは非常に免疫力が落ちているので、やはりよろしくないといえばよろしくないのでしょう。
 で、ウサギに関してですが、ウサギにもこのトキソプラズマという寄生虫には感染するのですが、猫のように糞の中に寄生虫を排出することはないので、普通は感染しません。
 で、どこに感染してるかというと筋肉の中などに寄生虫がいるので、傷のある手でうさぎの生肉(早い話、食用)を触ったりでもしないかぎりは感染しません。

 それでも、ウサギを触った後は、きちんと手を洗うというのは、妊娠していようがいまいが必要なことですけどね。 


アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584