本文へスキップ

あなたがウサギに出来ることは 獣医師による うさぎ専門情報サイトです。

MAIL alles@usagi.cn

アレス動物医療センター

長時間の移動に耐えられるか?

疑問、質問

 実家に帰ろうと思いますが、1時間の飛行機、2時間の車、2時間の電車・・・・。大丈夫でしょうか?
 
(一部ホームページ用に中略しております)

お返事

お返事  これはさすがにストレスになるのではないでしょうか。若齢のウサギにとってのストレスは、下痢や食欲不振などにつながりやすく、命取りです。できれば預かってくれる人(あるいはペットホテル)を探すべきではないでしょうか。
 
 ウサギにとってどこか見知らぬ場所に預けられるというのは、これも結構なストレスです。場合によっては環境の変化から食餌をとらなくなり、調子を崩すこともあります。  ただ、ようはこの両者のストレスの大きさをはかりにかけると、電車2時間とか飛行機1時間という移動のストレスのほうが、大きかろうということです。  極端な話、預けられることにより、ストレスで死んでしまうようなデリケートなうさぎは、長時間の移動にも耐えられずに死んでしまうでしょうし。長時間の移動のストレスで死んでしまううさぎは、もしかしたら預けられる程度のストレスには耐えてくれるかもしれない。という話です。

 ようはストレスの大きさの違い、無事に過ごせる確率の問題で、どちらもそれぞれ危険は内包してるとご理解ください。
 ちなみに、預けるならうさぎの飼育に慣れている人が理想です。どうしても預かってくれる人がいなければ、ウサギも預かってくれるペットホテルに頼るのも一つの手段かもしれません。

 繰り返しになりますが、旅行に連れてっても、ぜんぜん平気ですごしてくれるウサギもいれば、預けられてあっさり死んでしまうウサギもいます。
 確率の問題であり、こればかりはやってみないと分からないことですが、少しでも安全な手段を選ぶのが理想かと思います。


アレス動物医療センター

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江371

TEL 0766-25-2586
FAX 0766-25-2584